新しいブログを書く

下の画像はN様のご依頼で、栗型の接着とその周辺の塗り直しでした。

これは何塗?一見したところ石目塗りに見えます。どこか違うと思いながら

調べたところ「仙台絞」と判明しました。

蝋色漆で絞漆を作り叩き塗にします。乾いた後に厚めの摺り漆、或いは生漆などを塗り

炭粉を蒔き、紛固めをした後、研ぎだして磨きます。

他に鯉口と小尻の塗を4回塗重ねして高くしてキリッと見えるようにしました。